<11話>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

修行をすることにしたルーカス。

イサベルにも声をかけ、彼女も同行することになった。

<11話>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」ネタバレ

山のような量の荷物を背負って現れたイサベルと合流し、イスパニア山脈を目指すルーカス。

目的地を聞いてイサベルは驚く。

そこはモンスター天国と呼ばれるほど危険な地帯な上、道中にも危険なモンスターが出没する。更にワープ石を使っても半日はかかるのだ。

怖いかと尋ねるルーカスに、安楽の旅になるとは初めから思っていない、とイサベルは答える。

4000年前にはなかった「ワープ石」
名前の通り長距離移動に使う、ワープが可能なアイテムだという。

ルーカスは、魔道学は衰退しているが、産業技術面では発展していることを感じる。
しかし、それゆえに魔道学が発展せず、生徒らのレベルが低い。

ワープ石を使おうとするが、今回の旅の距離では10ゴールドはかかるというが、ルーカスは1ゴールドしか持っていない。

イサベルも貴族なのでお金は持っているはず!とすり寄るも、なんと一文無しで修行に来ていた。旅費を稼ぐことも修行の一環、と働いた経験もないのにイサベルは言う。

首都へ行けばなんとかなるはず・・・そう考え、首都に向かうことに。

ーーー

港で、アカデミーの生徒は無料で乗れる船を利用することにした2人。
そこには、生徒の姿も多々あった。

豪華客船で、食事も最高級のものが用意されていると知り、はしゃぐルーカスだったが、定員オーバーで乗船を断られてしまう。

次の出航は4日後になると言われ、急いでいるなら同じくアカデミー生徒は無料の「コルテス号」に乗ってはどうか、と勧められる。

コルテス号も十分立派な船だが、最初に見た船と比べると見劣りしてしまい、がっかりするルーカスだったが、4日も待つわけにはいかないので、この船に乗ることに。

ーーー

海賊「血色略奪団」が船を襲う計画を立てている。
今回狙う船の名は「コルテス号」

お金持ちの家の子供たちがたくさん乗っている。
そう話しているのだった。

ーーー

船長のマック・マルティネスが挨拶をする。

立派な船にも関わらず、お客が少ないことをイサベルが指摘すると、途中で通るオルカス諸島で海賊が出るせいだ、と説明される。

しかし、2隻の軍艦にはそれぞれ、四成の魔術師が乗船しており、しかも彼らは魔塔出身の「バトルメイジ」だという。

海賊も、帝国の軍艦が護衛しているこの船を狙うことはないだろう、と自信満々の船長。

しかし、そんな話をしているうちに海賊船が現れる。
頼みの綱の2隻の護衛艦は沈没してしまうのだった。

感想

なんとも弱そうな(失礼)海賊が!

きっとピンチに陥っても、ルーカスが倒してくれることでしょう。

魔塔やらバトルメイジやら、また新しい言葉が。
今後解説してくれるかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました