<12話>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

「コルテス号」に乗って修行へ向かったルーカス達。

しかし、道中で船が海賊に襲われてしまう。

<12話>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」ネタバレ

一瞬で2隻もの船を沈没させるという、ただの海賊とは思えない攻撃に動揺する船長たち。

海賊は”死なざる者”である「リッチ」のドゥラードと契約をしていたのだ。

禍々しい雰囲気のドゥラード。
アイススピア」を船に向かって放ち、それにより2隻は沈没してしまったのだ。

しかし、ドゥラードはアイススピアは「3つ」投げたのに、船は1つだけ無事なのはおかしい、と言う。

あの船には「何か」ある。
ドゥラードはそう気付くのだった。

ーーー

大パニックになるコルテス号。

皆が慌てふためく中、フードを被った金髪の男は息を切らせながら座っている。

ーーー

護衛艦が沈没したことに驚くイサベル。
ルーカスは、ただの海賊だから問題ない、とイサベルを落ち着かせる。

それよりも気になるのは、この船を目掛けてきたアイススピアが途中で消えた事だ。自分は何もやっていない。そう話すルーカス。

不穏なマナは感じていたものの、デミゴットに似た気配に、かつて閉じ込められた記憶のせいで一瞬パニックになってしまい、動けなかったのだ。

これはアンデットだ、と冷静になり自分を奮い立たせるルーカス。

自分ではない、誰かがこの船を守ったのは事実。
礼を言わなければならない、とイサベルと話す。

海賊らが船に乗り込んできたことで、更に大パニックになる船内。

40人ほど乗っているその船は、お金持ちの子供たちばかり。
うまくいけば一生遊んで暮らしていける!と笑う海賊たち。

自分たちは「血色の略奪団」だ!

船の乗客に向かって、そう自己紹介を海賊たちはするのだった。

感想

海賊名・・・失礼だけど、ちょっとださいと感じてしまった(笑)日本語訳の問題かな?

金髪の男が船を守ってくれたのだろうけど、これはきっとあの人なはず・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました