<17話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

退院し、学校に復帰した恭弥。

ダエルからの頼みを叶えるべく、早速イジメられている生徒の1人「門倉浩史」に会いに行く。

<17話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

学校中の噂になっており、怖い先輩、という印象が広まっている恭弥。
そんな恭弥の「ついてこい」という突然の言葉に門倉は驚く。

「なぜ」と聞き返した門倉に、イジメている男子生徒が「(学校のボスである)先輩になんて口を!」と詰め寄るが、恭弥が制止。

お前と話がしたい。
そう言って、無理やり門倉を教室から連れ出すのだった。

ーーー

門倉を連れたまま、次のターゲットである「根本静香」に会いに行き、同じように連れ出す。

教室を出ると、以前挨拶に来た「馬場力也」が頭を下げてくるが、その姿を見て、根本は震えている。

シッシッ、と恭弥は馬場をあしらい、その場を後にする。

ーーー

運動部部室。

門倉、根本含む5人の生徒と、恭弥・ダエルが揃っている。

ここに呼んだ理由は運動部を作るためであることを恭弥は説明する。
体力づくりに基礎的な護身術などが活動内容だ、と話す恭弥に「なぜ自分たちと」と根本が質問。

恭弥は仲良くなって遊びたかったからと答える。

クエスチョンマークが頭に浮かぶ門倉らだったが、無理にとは言わない、とダエルが伝える。

そして、そこにはなぜかついてきてマネージャーになった白井の姿もあった。

ダエルがあらかじめ頼んでいた出前が届き、皆で食事をしていると、姫野が扉の向こうから覗いていることに恭弥は気付く。

バレたことがわかると、姫野は慌てて逃げるが、恭弥は追いかけのぞき見していたことを指摘する。

覗いていない!と否定する姫野の言葉を聞くと「そうか」とアッサリ部室に引き返す恭弥。

姫野は慌てて引き留めるが、結局それ以上追及されることもなく。
1人、部室の外に取り残されるのだった。

感想

白井ちゃん、結構ゴリゴリ来るよな・・・笑

いじめられる側だった恭弥の立場はすっかり変わり、逆に恐れられる存在に。
運動部、姫野ちゃんも入るかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました