<29話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

シャフラン以外に2名いること、相手は銃を持っていることなどの情報をスミセンから引き出す。

自身の体はボロボロの状態の上、一刻も早く事を片付けなければならない現状に頭を悩ませる恭弥。
しかしこれまでの状況から、スミセンがシャフランの弱みを握っているかもしれないことに気付き・・・

<29話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

スミセンのいる部屋に戻る恭弥。

治療を行う氷室たちにフランス語がわからないことを確認してから、スミセンに話しかける。

ダイヤモンドを売ったお金はどうしたのかと問い詰めると、スイスバンクにシャフランと2人で山分けにし預けたと渋々ながらもスミセンは答える。

シャフランが自分を生かした理由は、金を半分失うことになるからだ、と話すスミセン。

恭弥は、理にかなってはいるもののスミセンの考えた計画には思えない、と考え、再度問い詰める。

あの交戦の後、病院に訪れたシャフランから口止め代わりにそう持ち掛けられた。
まだ千万ユーロ残っている!とスミセンは言う。

千万ユーロは日本円にしても十億を越す大金。
一体どんなサイズのダイヤモンドならそこまでの価格に?と恭弥は疑問を持つ。

その正体は「ブラックヘッド」という、アフリカ鉱山でも数十年に見つかるか見つからないかという悪魔の宝石だった。

シャフランが手に入れたがる理由に納得する恭弥。

続けて麻薬の事を問い詰めると、シャフランがサンプルを持っている、という回答に、その件も処理しなければならないかもしれないことに頭を悩ませる。

麻薬を誰に売るかまでは知らない、と話すスミセンは嘘はついていないように見えるが、この状況ではその言葉を鵜のみにでは出来ないと恭弥は感じる。

最後に銀行の暗証番号を聞くと、スミセンは答えるのを渋る。

そこで恭弥は、氷室に日本語でなんでもいいので怒鳴ってもらうよう頼むことに。

氷室はいきなりの事に戸惑いながらも「いきなり怒鳴れだなんて!」「夕食は鍋はどうだ!」などと頼まれた通りに怒鳴る。

日本語のわからないスミセンは、突然医者が怒鳴りだしたことに「恭弥がまだ自分のことを痛めつけると医者に言ったのでは?」と不安に。

お金目的ではなく、シャフランをおびき出すためのエサとして情報が欲しい恭弥。
自身も「鍋よりトンカツだ!」なんて日本語で怒鳴ってみせ、ついにスミセンは口を割る。

スミセン0702オブ0913アフリカという暗証番号を聞き出し、恭弥は病室を後にする。

ホテルに落としてきたのか、自分の携帯が見当たらない恭弥は、神代の部下の1人に頼んで神代に連絡をとってもらう。

ネクサスホテルに麻薬のサンプルがあるらしい、知っていることはあるか?と訊ねると食い気味に聞き返され、恭弥はうっかりストレートに話してしまったことに焦る。

神代も暴力団。麻薬の取引相手である可能性もある。
もしそうなら今周りにいる部下たちも一瞬で敵になるかもしれない。

自分の縄張りで誰がそんなことを!と電話口で怒鳴る神代。

反応からして神代が取引相手ではなさそうだ、と感じつつも、まだ油断はできない、と恭弥は考える。

セルパンブニムーというフランスのギャングがサンプルを持っているらしいと伝えると「薬物の取引があれば自分の耳にも入るはずなのに」と神代は不思議に思っている様子。

「今日ケリをつけるのでどこか静かな場所を用意してほしい、無理ならホテルに行く」という恭弥に神代は、これ以上ホテルに暴れるのはやめてほしい、と言い、軽井沢の別荘を紹介する。

厄介な相手だから下手に手を出すなよ、と恭弥は忠告するが、自分の縄張りを荒らされている神代は納得しない。

自分も向かうがホテルか別荘どちらだ、という神代に「状況を見て連絡する」と伝え電話を切る。

時刻は10時8分。
再び神代の部下に頼み、今度はネクサスホテルに電話をしてもらう。

フロントからシャフランの部屋に繋いでもらうが、本人は出ず、伝言を頼むことに。

スイスバンク、麻薬、そして「ゴットオブブラックフィールド」が待っているとー

感想

先生と一緒にどうでもいいこと怒鳴っているシーンは思わず笑ってしまった!笑

セリフは全部日本語表記(フランス語は青文字になってます)から、普段気にならなかったけど、そうだよね、スミセンからしてみれば全然知らない言語よね。

さて、次回はいよいよシャフランと・・かな?
中の人は強い傭兵でも、体はただの高校生、両親や周りの人も普通、と考えると激しい戦闘が起きそうなたびヒヤヒヤしてしまう・・・。広告見た時はフランス語でマウントとるだけの漫画だと思っていたのに(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました