<30話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

スミセンからシャフランの弱みになりそうな情報を引き出した恭弥。

「ゴットオブブラックフィールド」が待っている、といよいよシャフランを呼び出す。

<30話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

神代の部下に頼み、五十嵐に電話を繋いでもらう恭弥。
五十嵐にシャフランの行動をなるべく詳しく、逐一報告してもらうよう頼む。

既にスミセンを探しに来ていたシャフランには「クラブ営業前に来てすぐに出て行った」と伝えてあるという。

現在はレストランで清水モータースの役員を食事をしているシャフラン。
こんな時間に、と恭弥は違和感を持つ。

恭弥は、また何かわかれば教えて欲しい、と五十嵐に頼みつつ、自分の携帯がクラブに落ちていなかったかを確認する。しかし「ない」との回答。

シャフランがレストランにいるなら、客室を今の内に調べてみてくれないか、とも頼むが、それは自分でも、神代でも難しい、と断られてしまう。

ホテルの従業員としての立場なども考えれば仕方ない、と割り切り「シャフランが部屋に戻ったときに教えて欲しい」と伝え電話を切る。

スミセンの話には気になる点もあるものの、嘘をついているような態度には見えなかった、と改めて恭弥は考える。

一方、恭弥からの伝言を受けたシャフランは、一瞬驚き、歯を噛み締めるがすぐに落ち着き「本社からの急ぎの仕事が入った」と清水モータースとの会食を抜ける。

五十嵐から、シャフランが部屋に戻っていったという連絡を受ける恭弥。
あわせて、恭弥の携帯は誰も見ていない、と伝えられる。

時刻は10時30分。
借りている携帯でそのままシャフランに電話をする。

何か言いたいことがあると思って電話した。必要がないなら切る。という恭弥の言葉にシャフランは「調子に乗るな」と怒りをみせる。

しかし、ならば電話を切ると恭弥が言うと「スミセンがどこにいるか答えるなら西モータースに独占権をやる」とシャフランは答える。

シャフランは伝言を聞いても、死んだ「西恭弥」が生き返ったとは当然思っておらず、スミセンが裏切ったと考えており、恭弥は話を合わせることに。

西モータースの事業は、50台の契約金のみで話を進めることを約束する、というシャフランに、恭弥は書面での証明を求める。

シャフランはイライラした様子を見せつつも「この件にはお前の想像を絶する組織が関わっているのだからふざけるのもこれくらいにしておけ」と冷静に話す。

しかし、恭弥はスミセンから得た情報をちらつかせつつ「出来ないなら共倒れだ」とゴリ押す。

生意気なその態度にシャフランは「俺の知る”西恭弥”に本当にそっくりだ」と怒りをみせながらも、ついに恭弥の要求を飲み、翌日の午前10時、ホテルのビジネスセンターで契約を締結することを申し出る。は

そこでふと、恭弥は、もしこれで父が狙われたら母までも危ないことに気付く。
しかし急な話題変更も不自然な為、ひとまずは電話を終了させることに。

受話器を叩きつけるようにおろし、シャフランは非常にイラついている。
怖いもの知らずな様子が「西恭弥」を思い出させる、と感じるシャフラン。

対する恭弥は、シャフランはスミセンとは違い、焦っていたとしても冷静な対処を怠らず絶対に損をしない人間ー相変わらずだ、と感じているのだった。

感想

ついにシャフランと対峙の時が・・・

しかし・・・恭弥が暴れすぎて心配になる。
多分過去感想でも書いているけども!

本人が心配しているように、父母とかに危害及ばないか、とか・・・

過去に、姫野ちゃんも過去の行いや自身の付き合いで自業自得な部分もあるとはいえ、恭弥呼び出せ!って殴られてたみたいだったしな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました