<31話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

恭弥はスミセンから得た情報をちらつかせつつ、シャフランに50台の契約金のみで独占権を西モータースに譲渡する約束をさせる。

翌日の午前10時、ホテルのビジネスセンターで契約を締結させることになるが・・・

<31話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

病院の待合室で一息つく恭弥。
体はボロボロで、事態も重い通りに進んでいない状況を改めて感じている。

時刻は既に夜11時前。
病院のフロントで電話を借り、自宅に連絡を入れることに。

こんなに遅くなってしまったことをなんて言おう、なんて自然に考える恭弥。
完全に高校生のガキになった、と自分で笑ってしまう。

自宅に電話をかけると父が出て、これまで連絡もとれなかったことを母と共にひどく心配している様子だった。

早く帰るように!話は帰ってから、という父に、すぐに帰ると返事をして電話を切る。

この体になってから、短い間ではあるものの、父や母と過ごした日々、自分自身を本気で心配する姿などを思い返す恭弥。

神代の部下に、着替えの用意、翌日のシャフランとの待ち合わせの件を神代・五十嵐に伝言、何かあれば連絡をよこしてもらうようにと頼む。

後で病院に戻るつもりで、1度自宅へ帰ることに。

ーーー

自宅では、横になって休んでいる母と、看病をする父。
恭弥が帰ってくると知り、母はとても嬉しそうにする。

父の携帯に「恭弥の手配により、50台の契約金でこの先20年のゴンド自動車、国内独占権を西モータースに譲ること、明日午前10時に契約を締結すること」の連絡が入る。

一体どうやって?と不思議がる父と母。そこへ恭弥が帰宅する。

血まみれだった服からは着替えてはいるものの、顔や首などキズだらけの恭弥の姿に両親は驚くが「色々あって」とケガの理由を誤魔化す。更に父から契約の件を問われると、人脈を利用した、と答える。

そんなやり取りを聞いていた母は恭弥に抱き着く。
恭弥はケガの痛みでうめきつつも「苦労をかけたと思って」と涙する母を抱きしめ返す。

これが”家族”なのか、と温かなものを感じる恭弥。

再度病院に向かうための口実に、体育の”須賀先生”(ダエル)が交通事故に遭ったのでお見舞いに行きたい、と両親に伝える。

こんな時間に、と母が疑問に思い問い詰められるが、察した父が「行きなさい」とアシスト。
自分も一服したかったので外まで一緒に行こう、と2人で家を出る。

外のベンチで2人並んで座る恭弥と父。

今回の一件は暴力団の力を借りたのか、と父は尋ねる。
恭弥は違うと否定するが、それならばどうやって?と更に問われる。

シャフランの方から提案してきた、詳しいことはまた後日、と答える恭弥に「なぜ」と更に父は聞く。
しかし、これ以上聞かれてしまったら自分はウソをつかなけれなならず、そんなことはたくない、と恭弥が言うと父はそれ以上聞くのをやめることに。

そして、助かった、と恭弥にお礼を言う。
続けて、お金をいくら稼いでも体を壊せば親不孝者、体に気を付けるようにと恭弥に伝える。

ーーー

恭弥が病院に戻るとダエルの意識が戻った、と神代の部下から報告されるのだった。

感想

両親のやさしさ・・・・
傭兵時代の両親はあんまりいいひとじゃなかったみたいだから、家庭の温かさに触れられて良かった。

そしてダエル!首大丈夫かな?
この間の勢いだと、シャフランと会うと伝えたらこの体で無理やりついてきそうだけど、流石に首の骨やられてたら無理か。あんまりケガが重くないといいけれど・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました