<33話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

恭弥は、目覚めたダエルと共にスミセンの元へ向かう。

中国・韓国のマフィアも日本に来ている事、シャフランの暗証番号が『ゴットオブブラックフィールド』だという情報を得るが・・・

<33話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

銀行の手続き中に偶然にシャフランの暗証番号を知った、とスミセンは語る。

シャフランに頼まれ銀行の手続きをしていた日。
本来「スミセンオブアメリカ」と言う所、間違えて「ゴットオブブラックフィールド」と口走ると、次の暗証番号を銀行から求められた。続けて「スミセン0702オブ0913アフリカ」と伝えると手続きが完了した。

だから、シャフランの暗証番号は「ゴットオブブラックフィールド」で間違いない、とスミセンは断言する。

しかし、そんな暗証番号にするだろうか?と恭弥は疑問に思う。
スミセンも、自分は始め信じられなかった、と言い「違った場合は殺してくれて構わない」と恭弥に伝える。

マフィアを始末して、命だけは助けて欲しい、と頼むスミセン。
恭弥はダエルの意思を尊重し、助けることに。

神代へ連絡ととり、マフィアの件を伝える恭弥。

しばらくすると、マフィアの位置を把握し神代が「今から潰しに行くところだ」と姿を現す。

相変わらず舐めたようにも取れる恭弥の言動に、神代は「ガキが」と怒りをみせる。
結局「助けてもらう代わりに1つ願いを聞く」という話は、先日の件とチャラにすることで、話は落ち着き、2人は険悪な雰囲気で決別することに。

そこまで言う必要があったのか?とダエルは訊ねる。
しかし恭弥のそれは、暴力団との関係を断ち切りたい故の態度でもあった。

自分の縄張りを守りたい神代がマフィアを始末し、自分たちは自分たちの目的のためにシャフランを潰す。

ダエルに休んでいるよう声をかけ、自分もいくつか整理をしたら眠る、と言う恭弥。

ーーー

翌日。

体がおかしい!と違和感を訴える恭弥。

具合が悪いのか!?とダエルは心配するが実際はその逆。
想像以上の体の回復に驚いていただけなのであった。

感想

マフィア問題は案外サクッと解決した・・・!

神代が自分の陣地守るために全力でつぶしに行くならきっと大丈夫だ。
とはいえ、満身創痍の状態(めっちゃ回復したみたいだけど)でシャフランと戦うには、まだまだ安心はできないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました