<39話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

父にも「全て終わった」と伝え、平穏に授業を受ける恭弥。

そんな恭弥の携帯に不穏なメッセージが入り・・・

<39話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

メッセージを見た恭弥はフッと笑い、こそこそとメールを送ってくる相手はひとまず無視することに。

昼休みになり、運動部の部員を集めた恭弥。
顧問のダエルが入院しているのでしばらくは活動休止、だけどその間も体力づくりをしておくように、と伝える。

以前よりかなり明るい表情になった部員たちは元気よく返事をする。

そんな彼らをよそに「俺は何をやっているんだ・・・」と恭弥は1人ため息をつく。

ーーー

帰り道、当たり前のようについてくる白井。
もうすぐ分かれ道だからそれまでの辛抱だ、と考えていると「一緒に勉強しないか?」と白井が言う。

しない、と即答する恭弥に、白井はがっくりと肩を落とす。

あまりの落ち込みように「今日は先生のお見舞いだからまた今度」と恭弥が声をかけると、なら運動部のマネージャーの自分もついていく!と逆に食い付かれてしまう。

恭弥は白井が付いてこないようにするため「先生は”アソコ”をケガをしている」と伝え、なんとか振り切る。

病院に着くと、いつのまにかダエルとスミセンが同室になっていた。
スミセンは媚を売る表情でヘラヘラしている。

お互い話せるわけじゃないのに、退屈なうえに1人だと怖い、としつこく訴えてきたので同室になったとダエルが説明。

恭弥はスミセンに、現金を分けるという話だったのに株を分けるというのはどういうことだ?と問う。

銀行の300万、株1,200万、合計1,500万。
だから1人500万ずつでちょうどいいだろう?と話すスミセン。

なぜその金を俺たちにくれるのだ、と更に問い詰めると「このお金は自分なりの誠意」「もう1度仲間に入れて欲しい」「断っても勝手に入金する」とスミセンが答える。

それをダエルに通訳すると、ふざけるな!と顔をしかめる。
もし自分なら、お金を分けてまで仲間になりたいか?問い詰めたら何か吐くのでは?とダエルが言い、恭弥も同感だと答え更に問い詰めることに。

結果、シャフランの背後にはまだ誰かがいると感じているがどんな人間なのか全くわからず、今の体では自分を守ることすらできない、という事を話し出す。

報復を恐れて、リスクを恭弥たちにも背負わせようとしていたのだ。

恭弥は判断をダエルに委ねる。
ムカついてはいるものの、スミセンの言う通りにすることに。

スミセンは図々しくも更にもう1つお願いがある、と言い出す。
もしふざけたことを言うならこの場で殺す、と殺意をみせる恭弥。

日本語教師と退院後の家を用意してくれないか、という願いを恭弥は承諾する。

その時ダエルが「なんだこれは?」と唐突に声を出す。

これを見てくれ、と差し出したダエルの手にはスマホが。
「首を洗って待っていろ」

恭弥と同じく、ダエルの元にも不穏なメッセージが届いたのだった。

感想

背後にはまだヤバイ奴がいる!っていう感じがかなり出てきた。
ダエルも、すぐやられたとはいえ、戦闘に加わったから目をつけられてしまったのかな。

ところで、白井ちゃん、初期は前髪が長かったのだけど、最近切ったんですよ。
切った後の方がかわいい!!作画も綺麗な漫画なので、可愛さ際立ってる気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました