<46話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

自分の周りの人間に対し、警備をつけた恭弥。

本当に山本組の仕業なのか考えていたところに、ラノックから「シャフランが生きている」と連絡が入る。

<46話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

ラノックの滞在するホテルに向かった恭弥。

中国の裏切りにより、生きていると判断したこと、まだ日本にいる可能性が高く、現在捜索を進めているという事を聞かされる。

恭弥は、自身の手で深いキズを負わせ、例え医者が傍で待機していたとしても生き残っているのは不可能では?と考え、根拠を訊ねる。

すると、シャフランがフランスにかけた電話を情報局で傍受したことから判断したとラノックは回答。

自分やダエルが他人の体で生き返っている事を振り返り、何が起きてもおかしくはないと恭弥は納得する。

傍受した電話内容では「砂漠の氷」というシャフランの傭兵時代のコードネームを名乗り、「殺すべき敵が日本にいる」と話していたという。

ラノックは、フランス大統領選挙と関係があるかもしれない、という理由でシャフランの居場所や背後にいる人物そして目的を調査中だと話す。

そして、恭弥に2つの選択肢を提示する。
1つは恭弥の命、そしてその周りに関わった人間の存在も消すこと。
2つ目は手を組みシャフランを捕まえること。

自分の命だけでは済まない1つ目の選択肢は論外。
実質的に後者しか選択しようがない状況で話は進んでいく。

ラノックは、自分たちが日本で動くには限度があるため恭弥の動きをバックアップすることに専念すること、更に、恭弥が法人を設立もしくは買収することを提案。

その方が動きやすいだろうとラノックは言う。
恭弥はその話を持ち帰り、改めて回答することに。

一通りの話が終わり、部屋を出て行こうとする恭弥に、ラノックは恭弥と一緒に働きたいからフランス国籍を取らないかと訊ねる。希望するなら他の人間も共に取得できるよう手配するという。

しかし恭弥は、日本よりフランスが上だと言われているようで気分が悪い、と拒否。
気持ちだけもらうと言って部屋を出て行く。

恭弥はタクシーに乗り人の多い、トロンスクエアへ向かうことに。
人混みを歩きながら、恭弥はこれまでのことを頭の中で整理する。

シャフランが生きているなら、これまでのメッセージもその関係かもしれないこと。

あの時あの場にいた中国人は後始末のプロだと自称していたくせに、結局はお金で買われたのかと内心毒づくが、自らで後始末をせず人任せにした自己責任だ、と恭弥は考える。

夏休み中に全てを片付けること、確実にシャフランの息の根を止め、背後の人間もろとも潰すことを決意。

ふと、街中にも関わず、一方的に暴行を加えるような音が聞こえてくることに恭弥は気付く。
遠目に様子を見に行くと、路地裏でガラの悪い学生たちにボコボコにされていたのは姫野鬼塚だった。

鬼塚や姫野がイジメていた相手はもっと辛かったはず、と見て見ぬふりをしようとする恭弥。
しかし、やはり度が過ぎる、と2人を助けること。

シャフランたちとの戦いもあり、高校生相手ではあっさり全員倒してしまう。
しかし、殴られてなおまだ抵抗の意思を見せている男もいた。

今回のシャフランの一件から「後始末の重要性」を理解した恭弥は、その男にやり返しにこようとさえ思わせないように、指の骨が折れようが歯が折れようが構わず、完膚なきまでにボコボコにする。

殺さないでほしい、と男がひれ伏し嘆願したところでようやく手を止める恭弥。

そして恭弥は高校生の集団に向かって、この男を連れて目の前からさっさと消えるよう告げるのだった。

感想

ラノックもなぁ~~~胡散臭いんだよなぁ。
恭弥が法人になることによって何か利点があるのでは?とか思ったり。

生きているとの判断が、シャフランのコードネームを名乗ったから、なら、シャフランは生きていない可能性もあるよね。コードネーム知ってた別の人とか・・・

そして高校生相手にボコボコにする恭弥。
確かに、鬼塚や姫野ちゃんに対して結構暴行加えていたけども。
そこまでやっちゃう!?というレベルでした。

いや、もしシャフランが生きていなければ殺人したことになるのだけども。
体の持ち主がどうなったかもわからないまま、結構やりたい放題で心配。

コメント

タイトルとURLをコピーしました