<5話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

体の持ち主をイジメていた鬼塚を返り討ちにした恭弥。

再び、仲間を引き連れた鬼塚に呼び出され、取り囲まれるが・・・

<5話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

面倒なのでまとめてかかってこい、と恭弥が言うが、仲間の1人が「自分だけで十分だ!」と殴りかかってくる。

一撃で倒し、鬼塚たちに衝撃が走る。
残りのメンバーも攻撃を始めるが、恭弥に手も足も出ない。

「自分の体」であったなら、一撃で起き上がってくることはないのにこの体は弱すぎる、と感じる恭弥。

その姿を見て、鬼塚は「自分の知っている恭弥」ではない、とたじろいでしまう。

仲間の1人が刃物を持ち出し攻撃をしようとするが、実際の戦場を経験している恭弥には全く歯が立たない。

結局、鬼塚だけが残り、恭弥は奪い取った刃物を使い「朝、手を抜いたせいでまたケンカを売りに来たのだろう、今度は容赦しない」と詰め寄る。

しかし、そこに教師が現れ、正当防衛だとしてもその域を超えている、と止めに入る。

戦場を経験している自分に、気配を悟らせることなく現れた教師に驚く恭弥。

すでに処分は避けられない、これ以上いけば退学になるかもしれない、と言う教師に、学校を辞めると恭弥は答える。

教師は、ひとまずここは何とかするから教育委員会が動いた時はイジメの証拠を持ってくるように、と言い、恭弥を一旦家に帰るよう促す。

どこで武道を学んだのか教師が問うと、ネットだ、と答える恭弥。

教師は、立ち去る恭弥の後ろ姿を、生き返れば別人になってしまうのか、と感じながら見送るのだった。

ーーー

体の持ち主への借りはこれで十分返した、自分の居場所に戻ろう、と考える恭弥。

散髪をし、かつての髪型に戻す。
続いてお食事処に入り、昔の事を思い出しながらトンカツを食べる。

途中、母からの着信があり出ると、学校での件で何をしたのかと聞かれる。

家に帰って説明する、恭弥はそう答えるのだった。

感想

思った以上にボコボコに・・・!体の持ち主鍛えてたとはいえ、そこまで動けるのか!

これでもう流石に手は出してこない・・よね?

気配もなく現れた先生は、武道の経験者なのかな?
自分の居場所に帰ろう、と言っているけど、体は全くの別人だし、帰れるのか??

その前に親とひと悶着ありそうな予感。

コメント

タイトルとURLをコピーしました