<50話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

ダエル達が校外学習に行きやる事のない恭弥は、部室へ向かいトレーニング。

恭弥がいると知った白井も訪れ、今度遊んでほしい、というデートの誘いを了承する。

家に帰り、休もうとしたその瞬間、かつて戦場で感じたような危機感に全身襲われるのだった。

<50話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

着信に出ると、相手はダエル。

ダエルは、妻と子が人質にとられたこと、宿泊施設から1人で出てこいと言われていることを話す。

恭弥は怒りで震えるダエルに待機を命じ、代わりに自分がダエルの家族の元へ向かうことを伝える。

自分1人では対処しきれない、と感じた恭弥は、京極に連絡し、事情を説明。

携帯電話さえ近くにあれば、人質になっている2人の位置は5分以内に特定できると京極は言う。

出掛けようとする恭弥を不審がる母に「後輩が校外学習にどうしても来て欲しい」と伝え、家を出る。

階段を駆け下りながら、再びダエルに電話をし、こっそり身辺警護をつけていた事や5分以内に居場所を見つけられそうであることを話す。

絶対に何とかするからそれまでは耐えてくれ、と恭弥は言うと、ダエルはお礼を言いつつも「長くは耐えられそうにない」と答える。

恭弥はタクシーに飛び乗り、ダエルが用意してくれた車のある駐車場まで向かう。

その道中でスミセンにも連絡し起きていることを説明。

話している途中でキャッチが入り、通話を切り替えると京極で「人質の居場所がわかった」という連絡だった。

恭弥自身も保護対象なのだから、安全な場所で待っていて欲しい、という京極に「場所だけ教えてくれ、近くで待機する」と恭弥は言う。

京極は、2人が「花畑農場」にいることを伝え、絶対に1人では行動しないで自分たちの到着を待って欲しい、と念押し。

恭弥はセダンに乗り込み、ナビを設定。

到着時間は30分、という声に恭弥は「その半分で着いてみせる」とセダンを飛ばす。

速度違反取り締まり区間であることも気にせず、車を爆走させる恭弥。

運転しながら神代に電話を入れ、今の状況と後始末の手配を頼む。

神代は、その場所なら10分もかからずに向かう事ができるから、1人で乗り込まずに待つよう答える。

しかし、恭弥は「待っている時間はない、後始末だけ頼む」と言って通話を切る。

現場の400m前の地点で、人質の安全を確保するためにも車から降りることに。

ダッシュボード内にあったドライバーを手に取り、携帯は置いたまま車を出る。

キーは草むらに隠し、改めて400m先を見据えるのだった。

感想

全然待機する気ないですね!

ダエルも我慢できずに飛び出しちゃいそう。

またしばらくは戦闘かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました