<66話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

ミシェルが手配してくれた会社と売買契約を結びにいった恭弥。

しかし、相手のなめた態度が続いたことから恭弥は契約を拒否する。

<66話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

竜崎らの業界の立場や扱いを知っているミシェルは「後でどうなるか分からない」と恭弥を制止。

しかし恭弥は大丈夫と答え、ミシェルを連れそのまま出て行こうとする。

激昂し「礼儀を叩きこんでやる」と怒鳴り散らす秋山。

騒ぎを聞きつけたホテルスタッフが様子を見に来るが、竜崎によってすぐに追い返されてしまう。

竜崎もまた、神代と知り合いだったのだ。

このホテルの支配人と自分は知り合いだから、ここでガキ1人始末することなんてわけない、と息巻く竜崎。

恭弥は「今、神代の名前を出せば争いに発展せず終わらせられるかもしれない」と感じつつも、これまでの竜崎の態度に腹が立っていたので、自身で叩きのめすことに。

竜崎が恭弥に敵うはずもなく、一方的に殴られる始末。

恭弥がとどめをさそうとしたところで、愛子が必死で止めに入り、恭弥は殴るのをようやくやめる。

気絶していた秋山もその騒動で目が覚め、目の前の状況に混乱しつつもネクサスホテルの人間に応援を要請。

形勢逆転!と喜んだのもつかの間、神代の友人である恭弥に対し無礼を働いた、と逆に謝罪をさせられる竜崎と秋山。

それを知り、先程とは打って変わった態度で謝罪をする竜崎たち。

このまま神代に見放されればこの世界で生きていけない、買収のこともどうか考え直してほしい、と土下座し懇願。

恭弥は、この契約をどうするかの判断をミシェルに委ねるのだった。

感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました