<67話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

殴りかかってくる竜崎を恭弥は返り討ちに。

それでもなお、反抗を続ける竜崎らだったが、恭弥が神代の友人であることを知ると態度は一変。

恭弥は、継続続行するかどうかの判断をミシェルに委ねるが・・・。

<67話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

もとより契約をするつもりだった事、今後これ以上の問題を起こすことはないだろう、というミシェルの判断から、計画通り買収を進めることに。

恭弥は、同席している弁護士に実務の全てをミシェルに委任することを伝え、手続きは進んでいく。

ーーー

1人、コーヒーを飲んで一休みしているとラノックからも「今日はネクサスホテルで会おう」と連絡が。

ネクサスホテルで待ち合わせすると問題ばかりおこるためげんなりしていた恭弥の元へ、ミシェル達が契約を終えて戻ってくる。

これから契約社員や練習生たちも合流すると話すミシェルに、恭弥は全員でお昼をとることを提案。

そんな中、好意的な態度の愛子とは真逆に、高圧的な態度を取る女優2人。

先ほどの一件を目の当たりにしたにも関わらずの態度に、まるで姫野の大人版のようだ、と恭弥は感じていた。

ミシェルに彼女らの契約の解除について訊ねるが、1人は会社の看板女優であり、難しいという回答であった。

女優の1人がマウントを取るため、お昼の場所にわざと高級なお店を提案。

恭弥はその提案を受け入れるが、店に入ってからもマウントは続き、高いメニューを頼もうとする。

そのマウントに対抗するため、恭弥は1人5万の懐石料理を注文するのだった。

感想

あれだけ社長が目の前でぼこられたのに、そんな態度とっちゃうの!?!?

さすがに身の危険を感じたりしないのか?・・・まぁしないからこういう態度なんだろうけど。

絶対恭弥に勝てるわけないのにまさかのこの態度にびっくりした。

愛子ちゃんは良い子なんだけどなぁ・・・。

そして恭弥は1人5万の料理を注文。すごいぜ・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました