<70話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

明らかに戦闘経験のあるヤバイ人間がホテル内にいることが分かった。

しかし、ラノックは予定通りに事を進めると言う。

さらに「明日にもドラマ制作発表をすること」「シャフランの要求に従い、自分の動きを伝えて金を受け取る事」と頼まれる恭弥だったが・・・。

<70話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

驚きながらも、恭弥は了承。

そして恭弥からも「ゴント社に西モータースの注文を優先して処理してもらいたい」「シャフランのことは自分も個人的に動く」という2点を伝えると、ラノックは快く了承し、すぐに対応する。

その後、1人では食べたくない、というラノック個人の希望で、2人は一緒に食事をすることに。

ーーー

ミシェルに電話し、愛子を主演でドラマ制作発表をするように指示する恭弥。

主演のこと以外、何1つ決まっていない上、明日には発表しろという恭弥の無茶ぶりにミシェルは困惑。

しかし、恭弥が押し切り、対応することに。

食後のコーヒーを飲んでいると、ラノックに1本の電話が。

「思い通りに事が進んでいるらしい」と笑い、ラノックは去っていく。

ーーー

自宅に帰ると、ゴント社から連絡があった!と父母が嬉しそうな様子。

自慢の息子だ!と喜ぶ両親の顔を見ていると、今日1日の嫌な気持ちが消えていくように恭弥は感じていた。

ーーーー

翌日。

部活には、恭弥が京極社長に頼んで呼んだ男たちが5人来ていた。

自分やダエルのトレーニングの相手役として呼んだのだ。

恭弥から格闘術を学ぶ機会になるため、京極社長は喜んで引き受けたが、当の本人たちはどこか反抗的な様子であった。

恭弥がそっとダエルを小突いて「いきがっている新人の教育方法は忘れてないだろうな?」と笑うと、ダエルもまた「もちろん」と笑うのだった。

感想

なんで毎回みんなこんな反抗的な感じで出てくるんだろ(笑)

そしてボコられる・・・。まぁ、こんなもんなのかなー。

恭弥は高校生、ダエルは高校教師だし、ナメられてんだろうね。

ラノックの電話はなんだったのか。こいつもまたなーんか裏がありそうでいまいち信用ならない。

ドラマ制作発表の無茶ぶり、ミシェルも大変そう。しかもあの薫を差し置いて、でしょ?

こりゃまた揉めそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました