<9話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

学校の教師に、かつての傭兵仲間のダエルが、自分と同じように生き返っていることを知る。

鬼塚達を倒したことで暴力団に目を付けられ、彼らの車に乗るよう命じられる恭弥だったがー

<9話>「ゴッド オブ ブラックフィールド」ネタバレ

大人しくついてこい、と頭をつかんできた男を投げ飛ばす恭弥。

ケンカだと騒ぎになり、周りにいた学生は写真を撮りだす。

相手は刃物も持ち出しそのまま乱闘へ。
同じ学生相手とは違い、なかなか倒せない。

この体では時間がかかってしまうーそう考えている矢先、背後をとられ、恭弥は背中に攻撃を受けてしまう。

ケンカをしにきたわけではないので、ここらで大人しくついてきたらどうだ、と相手は言うが、恭弥は気が収まらず同行しようとはしない。

ならば力づくで、と再び殴り合いへ。

しかし、白井が警察に通報するフリをしたことにより、相手が撤退。

一連の騒ぎを遠くから見ていた姫野。
恭弥は、今のように誰かに依存して生きていればいずれ利用されて捨てられてしまう、と忠告をしてその場を立ち去る。

そこまで攻撃は受けていないはずなのに、思った以上のダメージを体が受けていることに、厄介だと感じる恭弥。

帰り道、白井を誘ってトンカツを食べていくのだった。

ーーー

翌日。

恭弥は、学生として授業を受ける生活を退屈だと感じ、戦場で銃を持っている方がマシと考えている。

机に突っ伏していると、鬼塚に指示された1年・2年の男子学生が、今週の分です、とお金を持って恭弥に話しかけてくる。

恭弥はそのお金をカツアゲ相手に返しもう2度としないこと、ぞろぞろ集団で行動するな、と伝え、後輩らをあしらう。

再び机に突っ伏していると、今度は「体育の先生(ダエル)が呼んでいる」と声をかけられるのだった。

感想

だんだんと、身体的に元の体より動けないのが目立ってきた感じする。大丈夫かな?

派手に暴れたので、またダエルに怒られそう。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました