<1話>「俺だけレベルアップな件」ネタバレ・感想

<1話>「俺だけレベルアップな件」ネタバレ

主人公の水篠旬、E級ハンター。

ハンター協会最弱で、一般人と違うのは回復が少しだけ早い、という点程度。もはや「ハンター」と呼ばれることすら恥ずかしいレベルであった。

ハンターは命がけの仕事にも関わらずでその弱さのため、普段から生死をさ迷うこともあったが、他に秀でた才能もない水篠にとっては、母の病院代を稼ぐためにも、唯一できる職業であった。

その日も、ハンターとしてレイドに向かう水篠。

最も強いS級ハンターは「最強兵器」と呼ばれるが水篠は「人類最弱兵器」と比喩される。

彼がいるレイドは低級と思えば良い、と話す今回の任務仲間たち。

そんな水篠に、観月というヒーラー役の女性が声をかけてくる。何度か同じレイドにいったことのある顔見知りであった。

入院レベルの怪我をしたと聞いた、と言う観月。

「自分以外のレベルが高いため、ヒーラーがいないレイドだった」「自分が弱すぎるだけ、もう慣れている」と水篠はどこか悲しそうに話す。

ーーー

レイドのリーダーは、パーティの中で最も強いベテランハンター馬淵が務めることに。

簡単なレイドだ、と明るい雰囲気でそれぞれゲートへと入っていく。

水篠は「今日こそは俺も!」と意気込み、ゲートの中へ足を踏み入れるのだった。

感想

ピッコマの中でも人気の高い「俺だけレベルアップな件」ついに読み始めた!

今は最弱らしいけど、タイトルから見るに、レベルアップして強くなっていく、って感じなのかな。

どういう風にレベルアップしていくんだろう?今のところそういう様子はないけど。

どこかで思いきり挫折して、っていう流れかな?今回のレイドがそうなのかな。

結構先まで公開されているので、これから読むのが楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました