<13話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

二階堂らとゲームで勝負し、勝利した徹と正樹ペア。

どうしても勝ちたい二階堂から、次は酒で勝負だと持ち掛けられるが・・・

<13話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

二階堂らと酒で対決したはいいものの、その時の事はもうはっきりと覚えていない。

正樹と関口はすぐに酔いつぶれたので二階堂との一騎打ち。
徹も酔いつぶれ、記憶も曖昧な中ハッキリ覚えているのは、二階堂に”完全に負けたという事。

ついに徹に勝つことができた二階堂は、笑みを隠しきれずにいた。

ーーー

翌朝。

徹は知らない部屋のベットの上にいた。
「調子はどうか」と水を片手に二階堂が部屋に入ってきた。

徹がいたのは二階堂の家だった。
差し出された水を受け取りつつ、あれからどうなった、と聞くと「酔いつぶれていたお前たちの家を知らないから連れてきた」と二階堂は言う。

徹は予想外の言葉に思わず驚く。

さらに「酔い醒ましにラーメンを食べるだろ、少し待っていろ。」と言い、二階堂は部屋を後にした。

1人になり、改めて部屋を見渡してみると、高級マンションの最上階であるその場所はかなり広く、豪勢な作りであることに気付く。

こんなにいいところに住んでいたのか・・・、と徹が考えているとラーメンを完成させた二階堂が戻ってきた。

二階堂は「二日酔いにはこれが1番いい」と箸と皿を渡してくる。

二階堂の作ったラーメンを食べることになるとは、と複雑な心境な徹。
そして、そのラーメンは美味しかった

美味しいと伝えると、それは良かった、と二階堂は微笑む。

これまでと違う、急に雰囲気が優しくなった二階堂に違和感を感じる徹。
表情もどこかスッキリしたような様子だ。

勝負に勝って満足したのだろうか・・・。)

ふと、家には他に人がいない事に気付き二階堂に訊ねてみると、どうやら1人暮らしらしい。

5年前までは実家で母と住んでいたが、3年前に東成大の大学病院に入院したという。

以前、父の手術で行った東成大で二階堂の姿を見かけた事を思い出す徹。

二階堂の母は統合失調症で、少し目を離している間にも自殺しようとしてしまう為、監禁状態なのだと教えてくれた。

ずっと1人で大変だっただろう、と声をかける徹。
肯定しつつ、帰ったところで自分を待つ人もいない、とどこか他人事のように話す二階堂。

(この性格になった理由が少しわかったような気する・・・。)

負けるなよ、という言葉をかける徹に、二階堂は少し黙ったのち、頑張ると答える。

賭けに勝利しかなりスッキリした、なんて話をしながら、2人でラーメンを食べるのだった。

ーーー

それからも、夏休みなどの休暇と試験を繰り返していく日々。

二階堂とのトップ争いは僅差で徹が勝ち続けていた
テストの後は二階堂がゲームと酒の対決を挑んでくるのが恒例に。
2人は仲が良くもなく悪くもない、奇妙な関係になっていた。

正樹は、二階堂と徹が親友だとすら思っている様子だ。
そうして時は流れ、高校3年生の冬を迎えていた。

大学受験も間近。
1度目の人生と合わせれば計8年間受験勉強をしてきた。
いよいよ集大成を見せる時。

模試の評定も良く、正樹にも「東成大なら余裕だろう」と言われる。

だが、本番で失敗することだってある、油断はできない・・・そんな事を考えながら「二階堂がくれた漢方茶」を飲む徹。

集中力を高めてくれるらしいその漢方茶は、正樹曰くかなり苦いものだった。

ーーー

漢方茶を飲むとトイレが近くなるな・・・・

廊下を歩いていると、二階堂と関口の姿が。

徹に気付いた2人も手を挙げて声をかけくる。
そこにはかつてのようなギスギスした雰囲気はない。

皆でお茶でも飲もうぜ、と誘う徹。
自販機の前で、それぞれ飲み物を飲みながら受験の話をする3人。

二階堂も徹と同じ東成大の医学部を志望している。
また一緒になるかもしれないな、大学では何をするんだ?と聞く二階堂。

金を稼ぐ、と悪い顔で笑いながら皮算用を始める徹。
関口と二階堂の2人は金の話になるといつも豹変する徹に若干引き気味なのだった。

チャイムが鳴り、漢方茶のお礼を言いながら徹は教室へと戻っていった

漢方茶あげたのか?と関口が二階堂に聞く。

余ってたから。そう答える二階堂に「俺の分は?」と再度問う。
もう1つも残っていない、という回答に、関口は不満そうにするのだった。

感想

酔いつぶれた徹を、意外にも連れ帰り、ベットに寝かせ、水やラーメンも用意する二階堂・・・・。面倒見いいな??勝ててかなりスッキリしたのか、にんまり笑っていたのが印象的。

しかし・・・漢方茶~~~~~~~

怪しいなぁ。薬物とかじゃないよね・・・・?
1度目の壮絶なイジメとか考えるとやりかねない気もして・・・・どうなのかなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました