<43話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

大日病院へ就職した徹、二階堂、美穂、正樹。

担当の科が決まるまでの1年間の間は1ヵ月サイクルで様々な科を回ることになっており、美穂と徹は内科から始める。

そこにいた先輩の平尾に、首席であったことから目をつけられる。

ろくに指示も貰えないまま仕事が始まり、看護師に話しかけようとするも険悪な態度であしらわれる。

徹は、彼らがかつて経験した世界でも、性格が悪いことで有名であったことを思い出すのだった。

<43話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

上から順にこなしていくように、と平尾に渡された仕事のリスト。

研修医初日の人間に、たった1人で任せるような内容でないものもあった。

本当に大丈夫だろうか?と思いつつ、徹は1人で書類に記されている患者の元へ向かう。

研修医が1人で診察をしにいった様子を見た看護師たちが慌てて平尾に報告。

それを聞いた平尾は「自分に指示を仰ぎもせずに!」と激怒。青ざめた表情で慌てて看護師らと共に徹の元へ走る。

しかし、徹が完璧に処置しており、患者も「今までの先生で1番だった」と喜んでいる様子を見て困惑する。

平尾は、問題があってからでは遅いのであまり無茶はしないように、と釘をさし、ひとまずは徹に任せることに。

一方、徹からしてみれば、リストに載っているような仕事はどれも簡単すぎるものだった。目立たないようにある程度適当にやろう、と決意し実行するも、他人からすればとても研修医とは思えないレベルのものだった。

対する同期達は、現場の過酷さにまいっており、それは余裕ぶっていた美穂も同じだった。

徹がゲッソリとした表情の美穂に声をかけるも、流石に疲れている様子。そこへ、美穂の友人が食事の誘いに来てその場を離れてゆく。

2人きりで徹といたことで、友人にいじられる美穂。

自分の一方的な片想い、徹はそんな風には思っていない!と照れながら否定する美穂。

美穂が徹に片想いしているのは周りから見ればバレバレで、学校内でも有名な話だった。

しかし、東成大のマドンナでもある美穂のアプローチに全く興味を示さない徹に、一部では「男が好きなのでは?」という話が流れるほどでもあった。

告白なんて、という美穂に対し、友人は「案外相手も好きかもしれない」と励ますのだった。

ーーー

疲れた!と休憩室のベットに倒れ込む正樹をよそ目に、何かの本を読む徹。

医学の勉強をしているのかと驚く正樹だったが、徹が読んでいたのは不動産投資の本。

いずれは不動産賃貸業をしたい!と目を輝かせる徹を無視して、正樹は眠りにつくのだった。

感想

美穂、可愛すぎるな~

初登場時は綺麗なお姉さんだけど、性格キツそうだなぁって印象だったの。

けど、全然そんなことなくて、面倒見いいし可愛いし美人だし優しいし・・・

徹も美穂が傍にいるのが当たり前!なんて思わずに自分の気持ちに気付いてほしい・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました