<51話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

暁教授の第二アシスタントであった宮崎の代わりとして、二階堂が入ることになった。

ある日の手術中、暁教授が倒れてしまう。

<51話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

手術中に心筋梗塞で倒れた暁教授。

すぐ手術に入れる医師もおらず、徹と二階堂、そして看護師の3名のみになってしまう。

代理の医師が入れるのは早くても2時間後。

移植を遅らせれば、患者の命にも関わる状況であった。

徹は自身で執刀することを決意。

二階堂は「いくらお前でも無理だ」と止めるが、徹は「自分を信じて欲しい」「責任は自分が取る」と伝え頼みこむ。

それを聞き「これまでそうだったんだから、きっとできるんだろうな」と二階堂は徹を睨みながらも手伝うことに。

肝臓移植手術は徹にとって10年ぶりのこと。これが最後だと自分に言い聞かせ、手術を進める。

ーーー

無事移植が終わったが、研修医とは到底思えない腕前に看護師もかなり怪しんでいた。

他の手術が終わり医師が駆け付けてくれたので「暁教授がほぼ処置をした後だった」と説明。

徹の中で、患者の命を救いたいという想いと同時に、目立ちたくない気持ちも同じくらい強く、看護師には小声で「そういうことにしておいてほしい」と伝え話を合わせてもらう。

残りの処置は医師たちに任せ手術室を後にする徹と二階堂。

口裏合わせの為、二階堂に「話がある」と伝える。

感想

手術が無事に終わって良かった、けど今まで以上に目立ってしまった徹だった。

まぁでも見殺しにするわけにもいかないからねぇ・・・・。

二階堂は相変わらず闇がにじみ出てて怖い。何考えているのかわからない感じになってるから余計に怖い。

さて、次話では二階堂はどんな反応をするんだろうか。早く二階堂の闇が解決してほしいよ・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました