<59話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

お金のために医者になったという徹に二階堂は「それくらいの金自分がやるから医者なんてやめてしまえ」と言う。

<59話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

二階堂の言葉を聞き、激怒する徹。

しかし二階堂は「金のために医者になるなら、金があれば医者にならずに済むんだろう?」と平然と言い放つ。

話にならない、とその場を後にする徹を見ながら、二階堂は過去の事を思い返していた。

高校時代の試験、大学、研修医になってからも、ずっと徹に勝てずにいることー。

そんな二階堂に、一連のやり取りを見ていた美穂が声をかける。

徹に手出しをすればただではおかない、自分は本家の人間だから2度と表に出られないようにするくらいの力はある、と警告する美穂。

更に、兄の件は二階堂の仕業であると気付いていること、ただ証拠がない為黙っていることを告げる。

その言葉を聞き二階堂はニヤリと黒い笑みを浮かべ、次の瞬間、美穂に詰め寄って口を塞ぎメスを首元に突きつける。

そして「少しでも手元が狂えばお前もアイツの元へいくことになる、声を出すな。」「お前はあのクソの血を引く以外価値がない」「アイツと同じ目に遭いたくないなら調子に乗るな」と脅す二階堂。

美穂は自身の口をふさぐ二階堂の手を振りほどき、涙ながらに叫ぶ。

殺せばいい、悪魔だらけの家に生まれた事も、兄の仇を目の前にして何もできない事も、誰からも愛されないことも、全てにうんざりしている!

美穂の言葉に、どこか自分自身と似ている部分を感じた二階堂は「つまらん」と言ってその場を去っていく。

少し切られた為、血がにじむ首筋を抑えながら、美穂はその場に崩れ落ち泣くのだった。

ーーー

それから時は過ぎ、関口は何度かの不合格を乗り越えようやく警官に。

徹は相変わらず「事故」続き、明日香からはよく誘われるようになり、美穂は4か月の間業務提携先の病院へ派遣となった。

大学時代からずっと一緒だった徹と美穂が4か月も離れるのは初めての事であったが、意外にもドライな反応に少し寂しく思う徹。

そんな中、アラブ圏へ飛行機で患者を移送するのに徹に指名が入ったという連絡が。

なぜ自分が?と渋る徹だったが、2日で35万という高額な報酬を聞きOKすることに。

しかし、これがタイムリープ後最大の事件になることを、徹はまだ知らない。

徹以外にも医師1名、看護師1名も同行するという話だったが、その医師とは美穂であった。

空港で待つ徹ににこやかに声をかける美穂。「すごい偶然だ」と徹が答えると美穂は「偶然ではない」と言い掛け誤魔化す。

本当に形成外科を目指すのか?と2人で話していると、最後の同行者である看護師が声をかけてくる。

「五十嵐先生とまた仕事が出来て嬉しい」と笑うその看護師は、明日香なのだった。

感想

最大の事件・・アラブ圏・・・飛行機・・・命の危機とかないよね?大丈夫かなぁ。

そして兄の件はやはり二階堂の仕業なのかな。はっきり肯定したわけじゃない・・・か・・・?できれば白であってほしいという自分もいる。

美穂は本家の力を使ったか、せっかく徹とお仕事だったのに、まさかのデート相手である明日香も一緒とは。アラブで自覚するのか!?徹は!美穂が不憫だからはよ自覚しろ~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました