<7話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

二階堂にケンカで勝利し、もう手は出さないと謝られた徹。

徹のみ停学処分になりかけるも、意外にもそれを二階堂が止める。

そうして中間テストを迎え、1位を取った徹と2位の二階堂。
2度も負けてしまったことに、二階堂は1人、涙をにじませるのだった。

<7話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

高校でも試験で1位を取る徹、その都度母は大喜びし、父はお酒を飲むように。

父は2年後、末期がんで亡くなる。
その日も大量にお酒を飲んでおり、これでは進行が早まってしまう、と心配になる徹。

酔っぱらって横になる父に、お願いがある、と申し出る徹。
なんでも言えと言う父だったが、かなり酔っていたこともあり、話は次の日にすることに。

翌日。
中学の頃からコツコツ貯めていたお金を差し出し、健康診断を受けて欲しい、と「お願い」をする。

2年後に末期がんであることを考えれば、今の時期にはがん細胞が出てきているー今なら早期治療も可能と考え、乗り気ではない父の説得を試みる徹。

しかし、頑固な父はなかなか承諾してはくれない。

そこで徹は、父が普段から「男は約束を守るもの」と言っていることをあげ、昨晩お願いを聞いてほしい、という自分の言葉に「なんでも言え」と答えた事を指摘。

お金は自分自身で自由に使うようにと返されるが、ようやく父は健康診断を受けることを決め、徹は即座に予約する。

そうして、健康診断の日を迎えたが、その間学校へ行っている徹は、もしお酒で進行していたら?などと気が気ではない。

学校が終わり、猛ダッシュで家へ帰る徹。

帰宅後即座に結果を母に聞くが、問題はなかった、と言われるのだった。

感想

頑固なお父さんをなんとか健康診断へ!

しかし、結果は問題なし。
でも、本当にそうだろうか・・・

胃がんが進行する前に治療を受けられると良いのですが・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました