<71話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

人間国宝を助けたことで、またしても有名になった徹。

<71話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

病院の広報部は積極的に徹の事を宣伝し、ますます徹に仕事が集中。

当直は100日連続、救急センターに来てからは既に2ヵ月がたっていた。

誰がみてもボロボロになっている徹。

暁教授が倒れた時に代理で来てくれていた先生ー早見教授が心配して声をかけてくる。

徹から話を聞き、それが本来ならあり得ない配置だと感じる早見教授。

暁教授から徹のことを頼まれていたこともあり、早見教授は主任教授へ配置を戻すよう伝えてくれることに。

ーーー

仕事が早い時間に終わり、同期と更衣室で着替えながらおしゃべりをする美穂。

徹とのことを聞かれるが「自分は本命ではない」と美穂は答える。

それを聞いた同期は、脈はあると思うので告白すべき、とアドバイスを送るのだった。

ーーー

さっそく徹の配置について直談判しに行く早見教授。

しかし、その不可解な配置についての理由すら教えてもらうことは叶わず、出て行くよう告げられる。

もし聞いてしまえばただでは済まない、という言葉にも負けず早見教授は引き下がらず「他言しないこと」を条件に、徹の周りで起きている事を知ることになる。

感想

早見教授!かっこいいぜ。善良な医師!上司!って感じ。

しかし、やっぱり理事長相手じゃどうにもできないのかなぁ。暁教授くらいパワーある人じゃないと。それでも立場の問題あるけど・・・。

いやもう、優秀な人みんな転職しよ。ほんと。あんな理事長だめよ・・。病院の人なのに、新人つぶしたいが為に患者の命すら使おうとしてるもの。

そして恋愛方面、相変わらず進まん!徹もにぶいし、美穂も意外と押していかない。やきもきするな~~~。

もう絶対両想いなのにさー。美穂が告白したらさすがにはっきり自覚するんじゃないか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました