<77話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

事情を知った早見教授が駆けつけてくれた。

徹の腕を信じて最後まで執刀を任せると早見教授は言うが・・。

<77話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

手術は完璧に終わった。

その様子を見た早見教授は改めて、徹の事を病院に残すべき逸材だと感じていた。

既に40時間以上連続で勤務していた徹を気遣い、早見教授は自分がその場に残るから休んでくるよう早見教授が提案。

徹はその言葉に甘えて、関口の父を任せることに。

手術が無事に終わった事で、大泣きで感謝を伝える関口。

そして同時に、関口からこのことを二階堂にも連絡したにもかかわらず、ろくに話も聞かなかったという事を知る。

二階堂を呼び出し、問い詰める徹。

飄々とした態度で全て誤解だと答える二階堂に徹は怒り、殴り飛ばす。

二階堂は父親である理事長の狙いと違い追い出すつもりはないというが、徹のことを目障りに感じており、潰すつもりであったと語る。

関口の父親をはじめ、これまでそのために多くの患者たちが危険に晒されてきたことに激怒した徹は「そんな理由で」と再び二階堂を殴る。

徹は彼らが思うがまま逃げることも、屈することもしないと決意しその場を立ち去る。

しかし、11年もの間徹に勝つ日を待ち続けていた二階堂にとっては、徹のその態度もまた狙っていたものなのだった。

感想

手術があっさり終わったところから始まってびっくりした!もう1話くらいひっぱるかな〜と思ったけど、序盤のタイトル挿入前に終わってました(笑)

サムネイルが平和そうな感じだったので成功したんだろうなとは思ったけれども。

かなり危険な状態だったけど経験豊富な早川教授がきてくれたことにより安定して手術が終わったという感じなのかな。

二階堂とは決別したね。

関口も、連絡したのに!あんなやつと友達だったなんて!という態度で、二階堂とは少し距離を置くことになりそうな。

今回父親を助けたこと、二階堂に無視されたことで、このゴタゴタで困ったとき、関口が助けてくれたりするのかな。警官という職も役に立ったりして?!

これからはもっと直接的に二階堂と対峙していくことになるのだろうか。

暁教授にも早く帰ってきてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました