<8話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

頑固な父をなんとか説得し、健康診断を受けてもらうことに。

しかし、結果は異常はなし。
2年後の末期がんの事を思い、驚く徹だったが・・・

<8話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

検査から戻ってきた父は、胃に軽い炎症があると診断されたのみで、他に異常はなかったと言う。

その言葉を聞き、未来を知る徹は焦る。

本当に異常がないのか、医者が見落としてしまったのか。
確認できるまでは安心できない、そう考え、健康診断を担当した医者を訪ねることに。

健康診断の結果に気になることがある、と受付で伝えるが忙しいからと適当にあしらわれる。しかし、どうしても確認がしたい強く訴え、なんとか診察室に通してもらえることに。

父の症状は慢性の胃炎だと答える担当医に医学の専門用語を用いてどんどん質問を重ねていく徹。担当医は驚きつつも回答していく。

胃カメラの画像を見せて欲しい、という徹だったが、担当医は異常はなかった、としぶる。

しかし、医療法で患者家族が情報提供を依頼すれば応じる義務があるはず!と訴え見せてもらえることに。

画像を慎重に見ていく徹。1枚の画像に胃がんを発見する。

だが担当医は炎症だと言い張り認めない。
かつての医者としての知識を持つ徹は、典型的な胃がんであることを述べ、どこが軽い炎症なのか?と指摘。

担当医は青ざめながら、こんなサイズの胃がんはどんな医者でも見落としてしまう!なのになぜ高校生の徹が、と言う。

そんな担当医を見て徹は呆れ、胃カメラの画像だけ貰い、治療は別の病院ですることを決める。

診察室を出ようとする徹に、手を抜いたわけではない、と担当医は謝罪。
失敗は誰しもあるが、患者の為にも自分の為にももっと勉強をした方がいい、と冷たく徹は言うのだった。

感想

異常なし・・・・という事はなく、未来で知っていた通り、胃がん発見。

でも、まだ小さい状態で発見できたので、悲劇は回避できそうで良かった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました