<81話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

エイミーとプロジェクトの契約を結び、多額の報酬が約束される。

そんなある時、明日香から「話がある」と呼び出され・・・。

<81話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

病院前の公園で明日香と待ち合わせをする徹。

いつもよりオシャレをして現れた明日香はついに徹に想いを伝える。

しかし、明日香から告白されたことで「美穂が好きだ」という自身の気持ちをハッキリと認識した徹は告白を断る。

ーーー

2ヵ月後。

難病の男の子、洋介くんの事で相談を受ける徹。

難病とは別の症状で手術が必要になったが、その母親が厄介で、何かと難癖をつけられ教授が何人も訴えられているという。

その態度は妄想性障害が疑われれるほどのものであった。

ーーー

洋介くんの診察に向かった徹。

幼いのにも関わらず、つらい闘病生活を送っているのが一目でわかるほどの様子に心を痛める。

そこへ洋介くんの母親が現れ、徹に様々な質問をしてくる。

「手術は避けたいが今回は仕方ない」と伝え、これから末岡教授にも連絡を入れる予定だと答えると、なぜか母親は苛立った様子をみせる。

徹は不思議に感じつつも、場所をかえ母親のいないところで教授に電話。

すると、末岡教授は「自身の部屋に来てくれないか」と告げる。

言われた通り徹が末岡教授の部屋を訪れると、洋介くんの担当を代わってもらえないだろうか?と打診される。

末岡教授は徹から見ても人柄・実力ともに申し分ない人物であったが、治療が無事に終わっても言いがかりをつけられ、母親から既に2度も訴えられたのだという。

自分が担当することはきっとあの母親も望んでいないはず。徹が診察する必要はなく、他の教授に引き継いでほしい、と末岡教授は切実に語る。

徹はそれを承諾するも、その分野の名医である末岡教授すら避けた患者を担当する教授が現れるとは考えにくく、これからどうすればいいのか悩むことに。

さらに、徹の様々な功績を知った母親からも「末岡教授は信用できない、あなたに治療を任せたい」と申し出が。

治療そのものも難しい上、成功しても訴えられている状況に複雑な思いを抱きつつも、つらい治療を続けている子供を見て見ぬふりはできないという医師としての想いから「最善を尽くす」と回答。

どうか自分たち医者を信じて欲しい、と伝えるのだった。

感想

モンスターペアレンツ登場、といったところかな。

とはいえ、治療中の子供はかなり痛々しい姿で、もしそれが自分の子なら・・・・・と思うとつらい気持ちあるよね。

それでも人柄も良い名医の人を訴えまくるのはアレだけれども。

ここでも徹が頑張って、このお母さんと和解・・・というか、良い関係になるのかな。難しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました