<82話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

難病を持つ男の子、洋介くんの担当を代わってもらえないかと頼まれた徹。

治療続きで神経質になった母親が何かと難癖をつけ、現在の担当教授も既に2度訴えられているという。

そんな中、その子が別の症状で手術が必要になり・・・。

<82話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

元の病気の影響で術後も容態の急変の恐れがあるため、持続的な予防が必要ではあったが、手術は無事に終了。

手術から2日後、少し元気が出て楽しそうに徹と話す洋介くん。

徹はその姿を見て、過去の自分に子供がいなかったことを思い出していた。

夫婦仲が悪くなかったにも関わらず子供がいなかったのは、自身が家庭を顧みなかったから。

今回は好きな人—美穂にしっかり向き合える自分でありたい、結婚をしたら家庭を大切する人間になりたいと決意。

と同時に、美穂にどうやって好きだと伝えるか悩む徹。

そこへ洋介くんの母親が徹に「検査結果に異状はなかったか」とおずおずと尋ねてくる。

徹は問題なかったと伝えるとほっとした様子を見せる。

彼女は妄想性障害などではなく、難病を持つ母ゆえとても過敏になっていただけだったのだ。

徹が母親と別れ病院内を歩いていると、二階堂とすれ違う。

洋介くんを診ていることを知っている二階堂は「男の子の容態がこれからどうなるかなんてわからない」「容態が急変し命を落とすかもしれない」と皮肉を言って去っていく。

ーーー

徹が緊急センターでの勤務していると、同じく仕事のために訪れた美穂に会う。

美穂は、徹が明日香のことを「好きな人がいる」という理由でフッたことを知っていたた。

友達には「相手は美穂が!」と背中を押され、そうではないと心では否定しつつも、本人に今すぐに確認したいという思いでいっぱいに。

一方、徹も美穂に話をしようとコーヒーへ誘うが、洋介くんの体調が急変したと連絡が入り、すぐその場へ向かうことになる。

つらそうな姿に、激怒し怒鳴る母親。

徹が「これは手術後に一定の確率でかかる感染症、適切に処置すれば問題ない」と説明しても全く聞く耳を持たない。

しかし、そんな母親を洋介くん自身が「先生のことが大好き、治してくれるのも先生だからそんな風に言わないで」と止める。

母親の暴言ともとれる発言に、内心徹も疲れや戸惑いを感じていた。

だが、誰よりもつらいのは母親—そして患者自身であることもわかっていた。

絶対に命を諦めたりしない、全力を尽くすから自分たちを信じてほしい。徹は母親に伝え、治療にとりかかる。

何度も危ない局面にあいながら、一晩付きっ切りで治療をしたおかげで洋介くんの容態は徐々に安定。

もう大丈夫だろう、と徹が一息ついていると、男の子の母親から「話がある」と告げられるのだった。

感想

お母さんは、子供のことが心配で心配で、すっごく神経質になってただけだったのね。

まぁそれでも、人柄も腕もいい先生を2回も訴えるのはやりすぎと思うけども・・・。

とはいえ、自分の子供があんなにボロボロな姿で治療を受けてて、同じ年の子みたいな「普通の生活」をすることもできなくて、度々体調も崩して・・・っていうのがずっと続ていると、お母さんの方も心身ともに疲れてしまったのかな。

最後、徹を呼び出したのは、謝罪・・・なのだろうか。

もしそうならついでに過去の先生にも謝ってほしいところだけれども。

そして、男の子は元気になってほしい・・・・。

そういえば、途中で二階堂が意味深に嫌みを言って行ったけど、流石に彼が悪さして男の子の体調が悪くなったわけじゃないよね・・・?普通に術後の感染症になっただけよね・・・?

二階堂ならやりかねなくて怖いよ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました