<88話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

事故に遭い、怪我を負いながらも完璧な手術をした徹。

しかし、手術が終わったその場で倒れてしまう。

その様子に上府の碑は徹に改めて祝福を贈り、春馬には自ら後悔するまで終わらない天罰を下す。

病室で目覚めた徹は、看病してくれていた美穂に告白。晴れて二人は両想いとなった。

<88話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

徹は「事故の規模の割には怪我は軽かった」だけで、複雑骨折や靱帯断裂等、かなりの重傷であった。

そんな状態で手術を行ったことに対し、普段は温厚な早見教授も大激怒する。

徹は疲労がたまっていたこともあり、1ヵ月は休養することに。

肝心の轢き逃げ事故については、徹自身が当時の記憶が曖昧なうえ、証拠も残っておらず、警察の捜査は行き詰っていた。

ーーー

ある日、関口がお見舞いにやってくる。

徹の轢き逃げ事件は関口の管轄。徹は意を決して、春馬を調べてほしい、とお願いする。

ーーー

徹の様子を見に来た美穂。

あの日から、2人は正式に付き合いはじめていた。

美穂は「信じてもらえないかもしれないが、今回の事故は春馬が犯人だと思う」と告げる。

徹が「やっぱり」とすんなりと信じると美穂は「あの男がどういう人間なのか知っているの?」と驚く。

美穂は、兄を殺されたこと、徹は患者を殺されかけたことを話す。

そしてさらに、徹が大学受験で体調を崩したこともまた、春馬が用意した漢方茶のせいであったことを知る。

徹の身を案じ、大日病院を離れて欲しい、と話す美穂。

しかし、美穂を1人残して逃げることはできないと徹は拒否。

春馬のこれまでの悪行の証拠をつかみ、それぞれの形で春馬に復讐をすることを誓う。

徹のことを心から心配する美穂にときめいた徹。2人はそっとキスをするのだった。

感想

ついに明かされた受験の時の徹の体調不良。

やっぱ、あの漢方茶のせいだったか・・・・。

ていうかアレ、関口にも飲ませてたよね・・・?関口にはちゃんとした用法で飲ませてたのか?

自分がやったことを、わざとらしく言い残していくのは、何か意味があるんだろうか。

少しは止められたいと思っている・・・といいけど、そんな感じではなさそう。

神様的パワーもあるし、今後は徹たちにとっていい展開になっていくとは思うけど。

国の主要人物、大泉議員との親交も深まった事だしね。

はやく春馬に反撃してほしいし、はやく彼を止めて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました