<9話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

健康診断の結果、軽い炎症だけだと診断された徹の父。

しかし、本当に異常がないのか心配な徹は直接担当医を訪ねることに。

胃カメラの画像を見せてもらうと、そこには確かに胃がんが。
小さなもので、見落とされていたのだ。

画像だけもらい、治療は別の病院で受けることにするのだった。

<9話>「リターン~ある外科医の逆襲~」ネタバレ

東成大学病院を訪れた徹たち家族3人。

2年後の未来を知っている徹は、がんの事を信じてはくれない父はおいておき、胃がん治療の権威である古賀傑教授がいる東成大学病院の予約を取る。

病院を前にして不安がる母を励ましていると、見覚えのある車が目に入る。
二階堂が乗っていたものと同じ高級外車のスポーツカーだったが、こんな場所にいるはずがない人違いだ、と徹は気にしない事に。

ーーー

診察時間を待つ間、重症な患者を目にし、心配する母。
対照的に父はまだがんの事を信じていない様子。

診察に呼ばれ、そこには古賀教授の姿が。

かつて勤めていた大日病院でたくさん叱られたことを思い出す徹。
若い姿を見て雰囲気の違いを感じ、妙な気持ちに。

内視鏡画像を徹が手渡し見てもらうと、胃がんで間違いないと古賀教授は断言し、両親らに衝撃が走る。

早期発見できたので、90%以上の確率で完治可能という古賀教授の言葉を聞き、安堵する両親。

かなり小さなサイズで、痛みも感じないはずなのになぜ内視鏡検査を受けたのかと尋ねてくる古賀教授に、徹がすすめたおかげだ!と嬉しそうにする母。

それを聞き、なら息子に感謝するべき。もし検査をしていなければ2年以内にどうしようもない状況になっていたはずだ、と古賀教授は言う。

胃がんは初期の発見は専門医でも難しいので、内視鏡を担当した先生の腕も良かったのだろう、と続ける。

しかし、病院ではただの炎症だと診断されたのに徹が発見したのだ、という両親らの言葉を聞き驚く古賀教授。

専門医でも見つけるのが難しいのに親バカで大げさに言っているだけだろう、と古賀教授は話半分に相槌を打つ。

父の治療方法の話になり、がんが難しい位置にあり胃は全摘になるだろうという言葉に徹ら3人は青ざめる。

そんな古賀教授に徹は全摘ではなく、内視鏡で粘膜の切除はどうか、と古賀教授に提案するのだった。

感想

ついにちゃんとがんの診断が!

お父さん全然信じてくれなかったけど、ようやくこれで治療をしっかり受けてくれそう。
早期発見で完治できそうだしよかった。

胃を全摘と言っているけど、徹の提案で回避できそう。
がんばれ徹!

コメント

タイトルとURLをコピーしました