<1話>「主役の初体験、私が奪っちゃいました」ネタバレ・感想

<1話>「主役の初体験、私が奪っちゃいました」ネタバレ

21歳の平凡な女子大生がある日自分のワンルームで眠りにつき、次に気が付くと、異世界の赤髪の少女「リプリー」になっていた。

リプリーは、そこが自分の元いた世界で大好きだった小説「エルネルの花」の中だと気付く。

「エルネルの花」のヒロインの男爵令嬢「エトワール」は鮮やかなブロンドヘアに青い瞳の美少女。

元は天涯孤独の貧乏人であったものの、偶然に男爵の命を助けた事でその男爵の養女となり、そんな中主人公の公爵と出会う。

しつこくクレイジーだが、顔はとびきりのイケメンの主人公と、偶然の再会・偶然の出来事が重なって恋に落ちていく2人。

お決まりの悪女の登場でエトワールは命の危機にさらされるが、またも偶然で主人公に助けられ、めでたく2人は幸せになった、というよくある恋愛ファンタジー小説。

すべてのエピソードは偶然の出来事、主人公のイケメンさとヒロインの優しさから話が成り立っていた。

そして自分が目覚めた「リプリー」という少女は、小説に名前もなかったモブキャラの伯爵令嬢。

リプリーは突然の憑依に混乱しつつも、ヒロインであるエトワールより立場の良い伯爵令嬢であったことから、現実世界とは比べ物にならない程の豪勢な生活にはしゃぐ。

ーーー

リプリーが目覚めたその日は、エトワールの誕生パーティーがある日だった。

リプリーも招待されていたが、エトワールと直接的に関わりがあるわけではなく、知り合いの知り合いの知り合いまた知り合い、というような立場で、ほぼ赤の他人。

パーティーに来たものの、女子大生だった自分が突然ダンスが踊れるはずもない、と感じながら1人食事を楽しむ。

そして、パーティに出席している人々が、作者の好きな金髪碧眼のキャラクターばかりであることを見て、改めてここが小説の世界の中なのだと確信。

自分の記憶が確かであれば、今は小説の前半。

主人公とヒロインが結婚するまでの1年間、脇役の自分は伯爵令嬢として、ただ人生を楽しめばいい!そしてエンディングを迎えれば、元の世界に戻れるはず、とリプリーは楽観的に考えていた。

そんなリプリーにパーティ出席のお礼を言いにエトワールが声をかける。

その際、ヒロインの身にこれから起こることを知っているリプリーは、悪女からの嫌がらせなどについて忠告しようとするが、結局何も言わずに別れる。

ヒロインには幸せになってほしいと思いつつも、余計なことを言い原作が変わってしまうのを避けるためだった。

自分は主人公のしつこい公爵より「ライト」の方が好きなのに、とつぶやくリプリー。

ふと、今日のパーティーがヒロインと主人公の出会いの日であることを思い出す。

主人公の姿を探すが外見の情報は「金髪碧眼」ということしか知らないため、探すことを諦め、お酒を飲んでパーティを楽しむことに。

ーーー

目が覚めると、光さしこむ部屋のベットの上に、裸の自分と金髪碧眼のイケメン男子。

リプリーが目覚めたのを見て「何をじっと見ている」「昨日の夜あれだけ触っておいて」と男は笑う。

今の状況が理解できず、リプリーは真っ白に固まってしまうのだった。

感想

とんでもないタイトルの漫画だな!と思って開いたけど、作画が結構好みだったこともあり、読み進めています。先が気になって最新話まで課金してしまった。

さて、最近女性向け漫画で流行りの「好きな小説の世界に入り込んでしまった!」なお話。

よくある展開だと、ヒロインも転生者(憑依者)で、その人がいやなやつだったりするんだけど、エトワールはそんなことなさそう。普通に小説の世界のヒロイン。見た目も可愛い!

リプリーがお酒に飲まれ、朝チュンしてしまったところで終わりましたね。

まぁ、タイトルでも言っているように、彼が主人公の公爵なのでしょう(笑)

ヒロイン枠に収まる感じの話になっていくのかな?

このパターンだと、ヒロインからも主人公からも好かれるポジションになりそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました