<12話>「主役の初体験、私が奪っちゃいました」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

あの日の晩、酔っぱらいながらも、ゼロニスに対し「あなたは悪くない」という言葉と「あなたが好き」という言葉を伝えたリプリー。

そんなリプリーに恋に落ちたゼロニスと一夜を共にしたのだった。

<12話>「主役の初体験、私が奪っちゃいました」ネタバレ

そう言ってくれたのはリプリーが初めて、だから「初めて」をあげたんだ。

優しい表情でリプリーに語り掛けるゼロニス。

その笑顔に、リプリーは赤面し言葉を失う。

ーーー

自室のベットで、枕を抱えながら「これからどうしよう」と頭をかかえるリプリー。

ゼロニスは小説で読んだよりずっと素敵で魅力的な人物であり、その積極的さに重ね、人を虜にさせるテクニックが高すぎると感じていた。

正直キスも最高だった、と思い返すリプリー。

恥ずかしさで叫びながら「欲望に負けるな」と自身に言い聞かせる。

そして、婚約を破棄する作戦として「神の花嫁」になるべく修道女になることを決める。

その作戦をシルビアに話すと「こないだは悪女で、コロコロと変わりすぎてついていけない」と困った反応をされる。

ーーー

教会にいき修道女になりたいと力説するリプリー。

伯爵家のご令嬢には耐えられないのでは?と言われても「自信がある!」と豪語する。

しかし、実際に修道院の中を目にし、食事が質素なことを知るとショックを受ける。

帰りの馬車で「諦めましょう」「そもそも伯爵がサインするはずもなく、修道院側も支援金を受けている立場から、勝手に入信させることはないでしょう」とシルビアに言われてしまう。

そこでふと、何も本当に修道女になる必要はなく”なったフリ”をすればよいのだ!とリプリーは閃き、そのまま意気揚々とイングリード公爵家へ。

修道女になると宣言するが「君は神の花嫁になれない」とゼロニスに言い切られてしまうのだった。

感想

まだ粘るかリプリー。

ゼロニスのあの感じだと、どんな作戦も歯が立たない気がする(笑)

ゼロニスはキスも初めてだったのかな?あの感じだと。それでも最高だったとは、2人は相性が良いに違いない・・・!

しばらくまだリプリーの婚約破棄大作戦が続くのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました