<23話>「私を捨ててください」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

ついに石碑の解読が終了したカレナ。
元に戻るには、人間の食べ物を食べれば良いことがわかった。

妖精に頼まれ、石碑の内容を読み聞かせると、お礼だと言って光の粒を振りかけてきたが・・・

<23話>「私を捨ててください」ネタバレ

目に違和感を感じるカレナ。

妖精は、あなたには石碑の加護があるのでこの方が役立つだろう持っている治癒の力を人間以外にも使ってあげてと言ってきた。

妖精の言葉は全く意味が分からないが、ひとまず体に変化は感じない。

ヘクシオンの作ったサンドウィッチを手に取り、自分はもう戻る、と妖精に告げる。
サンドウィッチを取った音にヘクシオンも反応し、そこにいるのか、と声をかけてくる。

サンドウィッチに口をつけると、カレナを包んでいた光が徐々に消えていく。
ヘクシオンは走って近寄り、カレナの手を取った。

無事だったのですね・・・!

カレナを失ったと思った。
心臓が痛まないのは、彼女が近くにいる証拠。
だから薬も飲まずに待っていた。
心臓の痛みが居場所を教えてくれると信じていたのだ。

カレナは、ヘクシオンの体に今度は触れることができることを確認し、本当に戻ってきたのだ、と安堵する。
対するヘクシオンは、急に触れられたことで赤面し、おろおろしていた。

長時間、緊張し続けていたカレナは力が抜け、ヘクシオンにもたれかってしまう。

妖精は不思議な存在だった、けど同時に怖くもあったー
今回は運が良かっただけにすぎない、もう2度と会いたくはない・・そう思っていた矢先。

無事に戻れたんだね

もう「見えない」はずの妖精の姿と声が、はっきりと認識できた。

想定外の事態に固まるカレナ。
先ほどの妖精のお礼とはこれだった、気に入ったか?とと恐怖を感じるような笑みで言われる。

言われてみて周りを見渡すと、石碑は夜に光る文字が昼なのに見えたり、普段とまるで違う景色に感じる。

妖精だけではなく、世界の全てを見る目を手に入れたのだ、と妖精は楽しそうに言う。

しかし、カレナは人が見えないものが見たいとは思っていなかった。

その様子に、誰と話しているのか?と尋ねてくるヘクシオン。
カレナは、正直に話しても、自分しか見えていない状態の為、信じてもらえるかどうか、と悩む。

もしかして嬉しくない?

久しぶりに親切にしたのに!と気分を害した妖精が、突風を吹かせてきた。

尋常ではない風。
このままでは危険だー、そう思い、カレナを庇おうとしたヘクシオンに、勢いよく風の攻撃が当たったのだった。

感想

妖精怖い・・・・・・
人間の常識とかは通じない!とは書いてあったけども。

そして、ようやくヘクシオンと再会できましたね!

カレナに触られて、顔真っ赤にあわあわしている姿は可愛かった(笑)
さぁ妖精とのひと悶着、どうなることやら・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました