<34話>「私を捨ててください」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

公爵に、ヘクシオンと結婚する事を伝えるカレナ。

これで「義務」は果たしたと、これからは自由にする事を宣言する。

<34話>「私を捨ててください」ネタバレ

公爵はメイドのベラにカレナを「あの部屋」に閉じ込め、食事も以前のように2日に1度にするよう指示する。

抵抗するカレナに、今まで自由に出来ていたのは全て自分が目をつぶっていたからだ、と告げる公爵。合わせて執事に、ヘクシオンへ結婚の日時の調整の連絡を入れるよう指示する。

2階の1番奥の部屋、そこはカレナを閉じ込める時だけに使われる開かずの場所。

池に落ちてびしょぬれのまま再びそこに閉じ込められたカレナ。

真っ暗な部屋だったが、妖精の祝福で夜目が効くようになっていた為、部屋が全く掃除されておらず汚いことにも気付く。

かつてここに閉じ込められた時は、何も見えない部屋で泣き叫び、2日に1度与えられるパンを食べながら自分を責めて過ごしていた。

躾だと言ってこんな場所に子供を閉じ込める人間を疑いすらしなかった、と昔の自分をあざ笑う。

それでも、この場所を抜け出せないのは今でも同じだ、と自身の無力さを感じる。

この生活に早く変化が訪れてほしい、と改めて思うのだった。

ーーー

カレナを閉じ込めてから1週間がたった頃、公爵家にはヘクシオンが訪れていた。

にこやかに挨拶をするヘクシオンを見て、内心「皇帝の道具の分際で」「身の程を知らない生意気な目付きがカレナとヘクシオンは似ている」と感じる公爵。

しばらく来なかったので妻の表情が明るくなった。あの日は意地悪が過ぎたのではないか、と言う公爵にヘクシオンは「私の妻になる人への公爵夫人の行動も度が過ぎていた」と答える。

公爵は咳払いをし、結婚についての話を始める。

公爵からの全ての問いに「レディに合わせます」と笑うヘクシオン。

それを聞き、これなら適当に決めてカレナに伝えれば良いため都合が良い、と思ったのもつかの間、”何故本人がいない”というヘクシオンからの嫌味であったことに気付く。

カレナは体調が良くないと言う公爵に、ならばお見舞いにとヘクシオンは答える。

何かと理由をつけ会わせようとしない公爵の態度にヘクシオンのやわらかな雰囲気は消える。

公爵を見据え「自分が敬語を使うと目下に見えるようだ」言うのだった。

感想

閉じ込められて1週間!

ヘクシオンが来てくれたからきっともうここで出してもらえる、気付いてもらえるはず・・・・早く・・・早く・・・。

妖精の祝福があるとはいえ、クァルンの時もそうだったけど、攻撃手段とか、そういうのがあるわけじゃないもんな。

次回、公爵がカレナを閉じ込めていることがヘクシオンにバレてほしい。そしてカレナを助けて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました