<36話>「私を捨ててください」ネタバレ・感想

前回のあらすじ

公爵家を訪れたヘクシオン。カレナの姿がないことを暗に指摘する。

カレナは開かずの間に閉じ込めているため、会わせまいとする公爵だったが、これ以上嘘をついて誤魔化すのは無理と判断し、呼びに行くことに。

今から準備しろと命じても応じないカレナに手をあげようとしたその時、ヘクシオンが止めに入る。

<36話>「私を捨ててください」ネタバレ

これはあくまでも躾、当然の義務、と言い張る公爵。

嘘をつくなんて舐められたものだ、と冷たい目をするヘクシオン。

公爵の腕を強くつかんだまま「一方的な暴力だ、今自分が公爵にしているように」と告げる。

その騒ぎを聞きつけて、クァルンもその場にやってくる。

「”てめぇ”何者だ」と騒ぐクァルンに、ヘクシオンも「”てめぇ”こそ誰ですか?」とわざとらしく尋ねる。

父の腕からヘクシオンの手を剥がそうと割って入るクァルン。しかし腕力でヘクシオンに勝てなかった。

ヘクシオンは手を離し、クァルンの先ほどの言葉遣いや軽率な行動をあげ「ビフタ家の”噂”の次男、クァルン・ビフタですね」と声をかける。

懲りずに、お前も名乗れ!と殴りかかろうとしてくるクァルン。

ヘクシオンは軽々とよけ、クァルンの首を掴み上げ、喧嘩を売る相手は選んだほうが良い、と忠告。

そして公爵に対しても「このバカ息子こそ躾が必要なのでは?」と告げる。

炎の魔法を使おうとするクァルンを公爵は制止。無礼を詫び、クァルンを解放してくれるよう頼む。

公爵の要望通り、ヘクシオンはパッと手を離し、クァルンはその場に尻もちをつく。

帝国の法律上、結婚が決まっていれば挙式前に転居が可能、だから今日からレディには自分の屋敷に来てもらう、と話すヘクシオン。

勝手なことをいうな!とキレるクァルンの言葉に、確かに大事なことを忘れていた、とヘクシオンも同意。カレナに対し、自分の考えに同意してくれますか?と聞く。

今にもまた殴りかかりそうなクァルンを使用人たちが羽交い締めにして必死に抑える。

カレナは、ヘクシオンの提案に同意。

勝手なことを、といわんばかりに苛立ちを見せる公爵を横目に、カレナはヘクシオンに対しお礼を言うのだった。

感想

脱!公爵家!!!よかったよかった。

立場的にもヘクシオンの方が上だから問題なく連れて行けるよね、たぶん。

クァルンは目上の人にも、てめぇとか言ったり殴りかかろうとしたり・・・相手がヘクシオンじゃなかったら切り捨てられたりするレベルじゃないのこれ??

カレナを連れて行こうとすることにやたら抵抗していたのはなんだろう。父の考えやもくろみに同意して、って感じではなさそうだから、彼は彼でなにかしら思っているところはありそうなんだけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました