ラスボスの私が主人公の妻になりました│最新話や韓国の原作を読む方法│完結はしている?

mangado - にほんブログ村

ネタバレになってもいいから、少しでも先読みしたい!という方のために、原作連載元・各配信先サイトの情報をまとめました。

文を担当しているFurik先生は、LINEマンガにて連載されている「体が入れ替わった事情」やピッコマの「悪女の娘に生まれた」にも携わっておられます。

目次

作品情報「ラスボスの私が主人公の妻になりました」

韓国語タイトル:내 남자 주인공의 아내가 되었다
中国語タイトル:成为我男主的妻子

原作:Winterleaf (겨울잎)
作画:Jeokbal (적발)
文:Furik (푸릭)

掲載誌:Daoncreative(다온크리에이티브)

あらすじ

主人公カップルの愛の力でドラゴンとモンスター、そしてラスボスを倒す小説『皇帝と聖女』。 その小説の中で天才魔導士になる予定のフィオナに転生したのは、この物語の著者!? そしてこのフィオナこそ、物語のラスボスだった! “どうして私、こんな設定にしちゃったんだろう…。” しかも戦場の真っ只中で、幼少時代の男主人公と出くわして…。 美しく才能ある魔導士・フィオナが、小説の主人公たちと繰り広げるロマンスファンタジー!

ピッコマより

先読みできるサイト

日本での連載

ピッコマ

2021年12月に連載開始、毎週金曜に更新されています。

原作の連載など

以下のサイトで掲載されています。

kakao page(韓国語)

funbenewtoki1stkissmangaなどは全て違法サイト

フィッシング被害等にあう可能性もあり、アクセスは危険です。

原作小説が読めるサイト

小説版は全5巻あり、小説版は完結しています。

RIDIBOOKS(韓国語)
kakao page(韓国語)

単行本(コミック)について

2022年5月現在、単行本第1巻の発売情報はありません。

漫画が読める!おすすめサービス

もっと手軽に面白い漫画をたくさん読みたい!

そんな人にはこちらのサイトもおすすめです。

無料で読める作品や試し読みも充実していますよ。

サービス名特徴

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan
国内最大のマンガ
(電子書籍)
販売サイト!
詳細を見る

U-NEXT
31日間無料
トライアル


加入特典で
600円分の
ポイント付与!
詳細を見る

まんが王国
無料漫画・
電子コミックが
3000作品以上!
詳細を見る

電子書籍ストアBOOK☆WALKER
KADOKAWA直営
電子書籍ストア
詳細を見る
本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

会員登録すると、31日間の無料トライアルが開始されるU-NEXTでは、漫画だけでなく、アニメなども見放題に!

さらに、600円分のポイントが付与されるので、気になっていたあの作品を購入するチャンス

無料トライアル期間中に解約すれば、お金がかかることもありません。

まんが王国は試し読みが超充実!

よくある「表紙絵と目次だけで試し読みが終わっちゃった~!」なんて場面とはおさらば。

特にじっくり試し読み」と表記されているものは、たくさん読むことができるんですよ。

そのほか、国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!eBookJapanやBOOK☆WALKERも取扱い作品が充実しているのでおすすめです。

似た系統でおすすめの作品はこちら!

ピッコマで配信されている、 これらの作品も面白くおすすめですよ。

「ラスボスの私が主人公の妻になりました」はなろう発?

この作品は、韓国発の作品です。

原作が「小説家になろう」に連載されているのか?と検索する人が多いみたいですね。

作者SNS情報

作画 Jeokbal先生 Twitter (적발@Jeok_bal)
文 Furik先生 Twitter (푸릭@FRIK_AA)
kakaopage公式 Twitter (카카오페이지 kakaopage@kakaopage)

出典元

出典元:ピッコマ

たぬきち
LINE漫画・ピッコマで連載されている作品の感想や原作などの情報をまとめています。

Twitterでは更新情報や作品の感想をツイートしているので、是非フォローしてください(*´◒`*)

ブログ村に参加中☆彡

mangado - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

作品の感想を語り合おう!

コメント一覧 (2件)

  • 日本人が読んでも違和感がありません。
    普通の大手電子書店からも発売して欲しい。

    • その気持ちとてもわかります・・・!
      絵はきれい、キャラクターも素敵、ぜひぜひ単行本化(電子書籍化)してほしいですね。

コメントする

目次
閉じる